ブルーブック・スタイル。

f:id:caramelaucafe:20190221164400j:plain


映画  “ファースト・マン”  を観てまいりました。映画評には、エンターテインメント性が足りない、とか書かれていたけど、初めて月に行った人たちの本当のコトを知りたい!!!というわたしのような宇宙好きにはまったくはまってしまうすごい映画でした。主演のライアン・ゴズリングは、船長を務めたニール・アームストロングさんのご家族などに事細かに取材を行ったうえで役作りをした、といっているInterviewを読んだので、わたしは今まで、いろんな他情報からどちらかというと月に人類で初めて降り立ったあの3人のメンバーは強靭なくらいに楽観的なひとたちだと想っていたのだけど、ニールは娘さんをミッション中に亡くしていたり、訓練の途中で何人もの仲間を失い続けていて、それでも目がいつも公正・公平なバランスに保たれていて、どんな場面でも冷静に対処できるはがねのような人柄と、いつも判断がプラスに働く運のようなものに守られて、地球に生還できたんだろうなぁと思いました。

史実によればニールは家族のもちものなどを月に持っていってあげたりしなかった、って書かれているけれど、しかし調査の結果本当のことなのだったら全然知らなかったけど、亡くなってしまった娘さんがつけていたブレスレットを月に置いてきた・・・のって、大きな目で見れば壮大なようだけれど、でもそんなの関係なくひとりの人にとってはすごくプライベートな、ニールの行動にすごく胸が締めつけられてぎゅうっとなったり。こんな記事も見つけたので、あながちフィクションではないのかも。


コンピューターが今よりずーっと未完成なうえ、宇宙船なのに車みたいな音をさせながら空へ飛んでいっていた時代に、あそこに見えている月にいってしかも帰ってくるなんて・・・他の宇宙の映画で、実はアポロはあのとき、未確認飛行物体に出逢っていたのだけどNASAに報告すると我々のミッションが変わってしまうから報告しないでおこう👑といってるのがさらっと描写されていたけど、ひとひとりのこころのぶんもからだのぶんも許容量をあっさり超えた、とても受け止めきれないくらい膨大なことたちを山のように乗り越えたひとたちの映画、でした。


“音”がすごく効果的に使われていて、轟音とともに月に降り立ったあとの静寂・・・などなどはきっと本当にニールたちと一緒に月にいったような気持ちになれるのに一役買っている、のかも🌝 
MOVIXさいたまでは、埼玉の自虐映画 “翔んで埼玉” 推しがすごくてビックリでござったのでした。ひええ。

f:id:caramelaucafe:20190221164447j:plain


映画館がはいっているショッピングセンターのなかの雑貨屋さんに、なんかおじSummerとかもいっぱい群がっているタダゴトじゃない人だかりができていて、むっ???と想ったら閉店セールだったので、こんなフォ〜クを。ご主人が奥サマに“安いから買うんじゃなくて、必要なものを安く買うんだろう?”と諭していらっしゃるあのお言葉は、きっとあの売り場にいたすべてのひとに響く言葉だったのにちがいありません・笑。

 

LOVE
YUKO