長谷部祐子 / イラストレーター。雑貨製作といたずら写真も趣味!本質的に泳いでいると人生を神秘的に感じるような気がします。スペシャルハッピ〜なもの、ことが大好き!自然と野生を大事に、自分の役割を果たしたいと考えます。


太陽の冠



読書日記 その7

わたしは小説をあまり読みません。つくったものだし、時間がからだをすり抜けていく感じを、どこかで感じる瞬間があるから。
でも、文学の近くにいながら文学をかくわけではない、人、の文章にわしづかみにされてしまうことがなぜか多々あり、そんな一冊がこの本でした。

女きょうだいがいないと女の子に夢を見すぎるのかも知れないなぁと想ったりするけれど、これを書いた作者のヒトもそうなのかな?って想いながら読みました・笑。

毛ネタ好きなのはわたしも同じで共感してしまうけれど、さらにおんなのこの汗やくしゃみ、風邪菌をうつされたい・・・、その他いろいろ結構すごくて、わたしもなんかちょっとオデキくらいできてたっていいじゃん、って気分になる。

おんなのこはもりのなか [ 藤田貴大 ]変なところでまる。が入る文も、
なんかこけそうになる感じが楽しいです。




ところで、表紙のイラストで出来た画像ですが、これおんなのことカイブツどっちに見える?ってはなしあったら性格診断ができる・・・みたいなの・・・になりました✨👼✨

タイトルは、皆既日蝕を観るためだけにアメリカに行ってみたかったなぁ・・・と。想ったのでつけました。

(いちまいめ、の画像はもりのさかな、です)。