長谷部祐子 / イラストレーター。雑貨製作といたずら写真も趣味!本質的に泳いでいると人生を神秘的に感じるような気がします。スペシャルハッピ〜なもの、ことが大好き!自然と野生を大事に、自分の役割を果たしたいと考えます。




帰宅のタイミングで日記を書いています。この日記を書いている現在は、8月13日午後1時です。なので、10日から現在までの日記は、日付詐称になっております。🍎👑🍏


読書日記5
羽生善治さんの、AIの現在に関する所見やこれからの行くえについてしるされた本です。

羽生さんは、既存の正解、不正解のパターンを膨大に学ぶことで成果をあげるAIに、突然変異のようにまったく新しい発明みたいな創造はできない、とおっしゃっていて、例えにふなっしーを挙げておられたのがなんだかとてもわかりやすく印象的でした。笑💕

また、ひとの個性を楽しむ娯楽が、人工知能ではおもしろくならない
という記述と、
マーケティング行動経済学に基づいて作られたハリウッド映画が、人工知能が作ったような感じがする、みたいなところが、両方から繋がっているような気がしました。

AIが将来、いまあるひとのいろんな職業を奪うといわれてひさしい模様ですが、いままでがそうだったように、むしろAIの進化は新しい職業を生んでゆくし、それにワクワク感を抱いている方が現実的だし、素敵なのかもって感じたり・・・**(*v_v*)***



人工知能の核心【電子書籍】[ 羽生善治 ]AIについては興味があるのでついいろんな記事が目に入ってしまうけれど、
人だけに許されている“こころの領域”までもAIがコントロールする方向に研究が進むことにだけは注意をはらうべき、という、ある方のご意見がこころに残っています。

これからは、
(本当は)やりたくない、でも生活のためにやっている、ってお仕事がなくなり、やりたいことだけ、・・・またはもっと稼ぎたいひとはもっとお仕事する、っていうパラダイスがやってくる、その生活を支える(基本的な生活費は支給される)ために必要になる税金はAIが稼ぐ。子どもたちは、何かの職業を目指し生きてゆくのではなく、社会がどうなっているのか見渡せる能力やAIを使いこなせる力をつけていくのが大事!っていう予見などもあるみたいで、
ふむふむといろんなことを考えたりしておるのです・・・✨⚡✨


(また、ひとの脳を数学的に解きあかそうとする研究の進むなかで、
“人工”ではない人間の脳のネガティヴな記憶をポジティヴに書き換えられる可能性も出てきているんだそう!)


またしばらくの間旅に出てきます。
夏の終わりにでも、またお目にかかれましたらうれしいです。

sweet dreams!!
yuko