長谷部祐子 / イラストレーター。雑貨製作といたずら写真も趣味!本質的に泳いでいると人生を神秘的に感じるような気がします。スペシャルハッピ〜なもの、ことが大好き!自然と野生を大事に、自分の役割を果たしたいと考えます。


ガトー・ア・ラ・クレーム! 2


天才バカボンの実写化されたものを観ました☆★☆最初はハチャメチャで、ずーっと笑っていたけれど・・・
なんだか涙が出ました。
ママがやさしくて・・・パパもあったかくて。
はじめちゃんは、あかちゃんみたいなのにあの経済についての長ーいセリフをどうやって憶えたのかな・・・?って謎だらけになっていました。

パパはフリーターじゃなくって、大工さんなんだよ🌟とか想いながら観ておりマシタ。。。*1


お写真は、2011年のカレンダーで作った折り鶴。5年間ずっとわたしのお部屋の窓辺で揺れています・・・☆


おやすみなさい・・・🌛
yuko.

*1:🔱パパの生い立ち
🍕原作
パパが道を歩いている時にクシャミをし、その勢いで頭の歯車を口から吐き出してしまい、「もう天才はやめるのだ」と言ってバカになった。
🍕アニメ第1作
ある日交通事故に遭った衝撃で、天才児だったバカボンのパパの口から脳味噌が飛び出して近くにいた馬が飲み込んでしまい、それと同時に馬の口から脳味噌が飛び出してバカボンのパパが飲み込んでしまうことで、バカボンのパパの脳味噌と馬の脳味噌とが入れ替わってしまう珍現象が生じ、以降、現在のバカボンのパパのキャラクターとなった。
🍕アニメ第2作
なぜか馬に逆恨みされ、蹴飛ばされたショックで脳味噌の歯車が壊れたためとなっている。
だそうです←wikipediaより。パパの職業も、大工さん以外にもいろいろあるそう☆全然しらなかったぁ・・・☆☆(。ŏ_ŏ。)