長谷部祐子 / イラストレーター。雑貨製作といたずら写真も趣味!本質的に泳いでいると人生を神秘的に感じるような気がします。スペシャルハッピ〜なもの、ことが大好き!自然と野生を大事に、自分の役割を果たしたいと考えます。


extrait de vanille❤️

ちょっと遠出して、フジコ・ヘミングさんのピアノコンサートに行ってきました。お年がおいくつかなのは公表されていないみたいだけど、あのチャーミングさは若い人には真似できない歴史に裏打ちされているような気がしました。
見ためクリムトの絵みたいなフジコさんの手の先から生まれる音色は不思議と彩度が高くて、でも原色ではなくて、ブドウみたいな色や明るいモスグリーン、水色、ピンク色やオレンジ色で構成されていて、奏でる音色って同じピアノでもそのひとの世界がそのまま出るのが本当に不思議なものだな、って想う。
不思議なドレスを着てステージに現れ、ひらひらと手をふって袖に帰っていくフジコさんが、演奏と同じくらい素敵でした。

そして今日、TVの番組で詩人のまどみちおさんの、絵の特集がされていて、
解説でお呼ばれされていた谷川俊太郎さんが、まどさんの詩はとても綺麗で太陽も風もある世界だけれど、
氷山の一角のようにその下にはダークサイドが大きくある。読まれることを意識していた詩とはちがい、絵は人間が介在していない、
宇宙と直接向かい合う無の時間。
言葉は不完全 本当のことは一割も表現できない。言語がうまれる以前の、宇宙の混沌を表現したい・・・
というのがわたしにも共通してあるような気がして、
表現というのは自分というものが自分の形で誕生して、世界をどう感じるのか、
なのだとあらためて感じた夜でした。
綾野剛さんが何かの番組で、スティーヴ・ライヒの“ディファレントトレイン”という曲を紹介していたとき、
ベースの音は変わらないけど、ぼくたちは変わっていかなくちゃいけない(上に乗っている音がどんどん変わっていく曲!)と感じたといっていたのもちょっとした衝撃でした☆
構造を感じ取るっていうか・・・
どう感じるのか。

すごいなぁ・・・
ってあらためて想いました( ͒ ु•・̫- ू ͒)

写真は、毎年秋にやってる花火大会がおうちのまどから見えたので、パチリと撮影🎆🎇


もういっこはきれいだなと想った映像です。曲は大好きなZEDD。


おやすみなさい🌟🌝✨٩(ꇐ‿ꇐ)۶