長谷部祐子 / イラストレーター。雑貨製作といたずら写真も趣味!本質的に泳いでいると人生を神秘的に感じるような気がします。スペシャルハッピ〜なもの、ことが大好き!自然と野生を大事に、自分の役割を果たしたいと考えます。


蜩の 朱く鳴く声 黒む夜


お元気ですか?
わたしはわりに元気です!


少し軽井沢に行っておりました🌟

なんとゆーか、高尚な願望ではないケド、お金使ってたくさん遊びましょー!っていうよりは、多少知的な匂いがする場所の方が快適だとおもうゆうこchangらしく、
追分エリアという、昔の日本の作家が集い“コロニー”的なムードを醸し出していたエリアが非常にお気に入りました模様🌟

立原道造ずきなわたしは、とくに立原氏はじめ堀辰雄などが定宿にしていた、油屋という旅館に憧れていたのですが、Gallery & Cafeに変貌しているその“猫町珈琲店”に興奮のあまり鼻血モノ!!!いくつもの展示室と本屋カフェ、そして古ぅ〜いヴィンテージなレコード屋さんから成るそこは、現在ワークショップなども催され、店員さんから詳しくお話しを伺ううちに鳥肌が立ったり(古伊万里の骨董に古伊万里の絵の具で好きなアレンジを施して上書きし、窯で焼いて完成させていただけるものなどあるらしくて、キャー!笑)。
ぜひぜひまた伺うことをプチ決意したり、したり、したり!してました。


素晴らしく魅力的な旅館がお店や展示室となっている内部。ここの廊下にぽつん、と置かれたちっちゃなテーブルと椅子に座って、森からのしづかな風のなかで、“おやつセット”というメニューをいただきました✨

TITLEは、夜中に蜩(ひぐらし)が鳴いているのが聴こえてきて、黒い夜につやっぽい朱色のような声に聴こえたので一句詠んでみました🌛🌜

1日違いで体験できなかった、リアル猫ヘッドを体験してみたかったゆうこChangでした。写真いちばん上ッッ🍹🍁

and これ貼っちゃう❤️キャワイイィィィィィ!!!!

LOVE❤️
YUKO